「スポンサードリンク」
登山は初心者 山ガール ~アラウンド40からの挑戦~

登山は初心者 山ガール ~アラウンド40からの挑戦~

山登りが楽しい 40代です 最終目標は 富士登山! まずは近所の山から♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「スポンサードリンク」


燕岳 日帰りコース

先日 7月7日の七夕に 燕岳に 登ってきました

DSC_1274-ss.jpg

私の記憶では 七夕は天気が悪い 関東は まだ 梅雨 真っ最中だし 少しでも 雨降りなら

今回は 断念しようかな? なんて 思っていたのに 当日は 最高の天気

山登り日和でしたw

DSC_1252-ss.jpg

前日 仕事を半休取り 午後からの長野入り

穂高駅前のビジネスホテルで ゆっくり休み

当日は 朝4時おきで 準備して 穂高駅発5:00の

中房温泉行のバスに乗りました

DSC_1260-ss.jpg

6時から登り始め 7時半頃には 雲海が見えてきました

山の下調べをした時に 山頂の予想気温は9度 風速7mの予想だったので

しっかりと 冬支度してきたのに

寒いどころか 歩くのには 良い気温

ただ 虫くん達が あちらこちらにたくさん居て

ネット 被って歩いたんですけど

普段しない格好に 息苦しくてね。。。

DSC_1265-ss.jpg

遠方の山には まだ 若干の残雪

7月なのに やっぱり 長野県は 寒いんだねww

DSC_1271-ss.jpg

合戦小屋到着が 9時ちょっと前

途中 向かい合わせになった おじいさんたちは

ご来光を眺めてきて 槍ヶ岳も見えたって

でも 午後からは 雲が出るから 頑張ってね と 

休憩も そこそこに 再び 登り始め 

DSC_1273-ss.jpg

燕山荘到着 10:50

なんて きれいな 景色なんでしょう

麓を流れる 梓川? 山からの 雪解け水なのか

グリーンかかった水色が とっても 印象的でした

で  ネットで調べたところによると 燕山荘で リュックを 預かってもらって

燕岳の頂上へ 手ぶらで なんて 書いてあったのですが

実際は 燕山荘に泊まりのお客さんは チェックインして 荷物をおいて

手ぶらで 頂上へ

でも 普通の 登山客の 荷物は 預かれないので

外の休憩の椅子や 建物脇に置いて 自己責任で お願いします とのこと

でも やはり 荷物は ない状態で 頂上を目指したかったので

貴重品だけ 小さなバックに入れ 友達のリュックと3つ重ね

建物脇に置いて 出発

早く 頂上に 着きたくて 勢い余って 走ったよw

DSC_1286-ss.jpg
 
山の天気は 変わりやすく どんどん 霧がかってきて

頂上は もう 真っ白

DSC_1288-ss.jpg

荷物なしで 山を登るの こんなに 楽ちんだなんて

普段は できないけど これも 良いね

DSC_1294-ss.jpg

燕山荘 戻り 11:50

帰りの バスが 最終15:55

このバスに 乗らないと いけないので 

燕山荘で おトイレを借りて お茶だけ 買い込んで 帰路へ

合戦小屋までついたら 急に お腹が減って カレーうどんを 3人で シェアして

おにぎりを 頬張りました

あとは 帰りの バスに 間に合わないと の 思いが強く

だんだん 3人共 無口な 旅に。。。

結局 中房温泉 到着15:15

帰りの バスにも 間に合いました

2017-07-17_161311.png

日帰りで 歩けるとは 聞いていましたが

やっぱり 工程的には 余裕が無いので

次回は 燕山荘に泊まって ご来光を眺めてから 帰ってきたいですね

その日は 近くの 温泉に一泊して

翌日 ゆっくり 関東へ 帰りました

燕岳 登れて 良かったw

7/7 

「スポンサードリンク」


スポンサーサイト

至仏山

今日は 久しぶりに 山登り

尾瀬にある 至仏山を目指しました

シルバーウイーク 中盤戦

お天気が良く 気温も 暖かくて ほんと良かった


鳩待峠から 山ノ鼻へ一度くだり そこから 至仏山へ

IMG_20150921_072554-ss.jpg



IMG_20150921_090106-ss.jpg


途中後ろを振り返ると 湿原地帯が 一望でき


IMG_5357ss.jpg



向こうの山も 雲がかかり 綺麗でしたね



あと少しかと思われた 高天原は 強風で

寒くて 寒くて

やっぱり 山は なめてかかっちゃ いけないんだと

上着を着込み 頂上へ


その先は 風も おさまり

なんとか 無事に 頂上へ たどり着きました


IMG_5361-ss.jpg


帰りは 小至仏山経由で 下山しましたが

連休だけあって 人が多くて

歩きづらかった

でも 景色が 綺麗で

癒されましたね



IMG_20150921_075009-ss.jpg


今回のルートは 逆走することの できないコースでしたが

なかなか 足元が 滑りやすくて

へこたれそうでしたが

なんとか 行って来られました

root-hatomachi02.gif

6時間までは かかりませんでしたが

なかなか 楽しめる 山登りでした♪

9/29

「スポンサードリンク」


笹山経由笠山

今年 初登りは 以前登った 笠山 の 近所にある

笹山を探しに 出かけてきました


IMG_4575ss.jpg


目標物は ここ

IMG_4583-ss.jpg

IMG_4582-ss.jpg

ここを進むと 50m位で 右側に 入口が


IMG_4581-ss.jpg

IMG_4580-ss.jpg

って 言うか 実は

看板に 書き込んでくれた 親切な 人が 居たんだね


IMG_4584-ss.jpg


登って おりて 登ると 笹山 頂上

IMG_4571-ss.jpg


ついでに 笠山も

IMG_4589-ss.jpg


今回のコース
小川町駅・・・(バス40分)・・・白石車庫バス停・・・(歩60分)・・・白石峠・・・(歩15分)・・・剣ヶ峰山頂・・・(歩20分)・・・堂平山山頂・・・(歩15分)・・・笠山峠・・・(歩15分)・・・笹山山頂・・・(歩10分)・・・笠山峠・・・(歩15分)・・・笠山山頂・・・(歩40分)・・・萩平・・・(歩20分)・・・皆谷バス・・・(バス30分)・・・小川町駅

風が強すぎて 体感温度 氷点下

めっちゃ 寒かったです



「スポンサードリンク」


妙義山

今日は お天気が良かったので

群馬県の妙義山へ 行ってきました

DSC_0620.jpg


道の駅みょうぎに車を止めて 登山開始

まずは 妙義神社へ


DSC_0160.jpg


神社をお参りして そこから 大の字へ


DSC_0165.jpg


途中の 鎖場は 朝通で 結構すべりやすかったけど

鎖を伝い 登れました



DSC_0168.jpg

大の字の 登り口も かなりの 断崖絶壁でしたが

なんとか 登れました


DSC_0170.jpg


その先 少し 険しい道を進み辻へ

奥の院までは 結構な いわばでした


DSC_0172.jpgDSC_0173 (2)


そして 本日 最大の難所

傾斜角 約60度の 壁


DSC_0180 (2)


DSC_0182 (2)


わかるかな? この臨場感

結構な 角度で なんとか 登り切ったけど

見晴らし台は 見晴 良くなかったよwww

帰りは辻から二本杉経由で 下山してきましたが

所々 大木が倒れていて

迂回路ができてたけど

岩場の 側面を たどって 歩いたり

断崖絶壁を横目に 歩いたり

結構 ひやひやする コースになってました


下山してくると またまた 妙義神社が お出迎え


DSC_0187 (2)


DSC_0188 (2)


DSC_0190 (2)


コース的には そんなに 大変では なかったかな


今回の経路
道の駅みょうぎ (10分) 妙義神社 (50分) 大の字 (20分) 奥の院 (10分) 
見晴 (10分) 奥の院 (20分) 辻 (35分) 二本杉 (15分)
第一見晴 (15分) 妙義神社 (10分) 道の駅みょうぎ  

歩行時間 3時間15分
歩行距離  
歩数    11000歩

手袋持参で ぜひどうぞ♪


「スポンサードリンク」


*CommentList

世界遺産 富士山にチャレンジ

念願の 富士登山に挑戦してきました

当日の天気予報は 曇り時々雨

風10m以上という 悪条件の予定でしたが

DSC_0579-ss.jpg


前日の夜 ふもとの天気は 雨ぱらぱら

でも 当日の朝は ぴーかんの お天気


DSC_0116-ss.jpg


7合目辺りから見る 景色は

雲海が見ました


DSC_0118ss.jpg


なんとか スムーズに 8合目までは 行きましたが

そこから先が なかなかの 難関でした


DSC_0127ss.jpg


8合5勺あたりから 登りは きつくなるし

岩場の 急坂を はいつくばって 登るような場所もあり

本当に 大変でした


DSC_0129-ss.jpg


でも この 鳥居までくれば あと少し

なんとか がんばって 頂上に たどり着きました


DSC_0133-ss.jpg



DSC_0135-ss.jpg


頂上は 風が強く

体感温度は 氷点下

あまりの寒さに 頂上には 10分と 居られませんでした

日本一高い山への 登頂に

感極まり 泣いちゃいました


今回の経路
富士スバルライン五合目 (45分) 六合目 (70分) 七合目 (75分) 八合目 (80分) 
本八合目 (50分) 九合目 (35分) 吉田口頂上 (50分) 八合目下山道分岐 (75分)
下山道七合目 (45分) 六合目 (40分) 富士スバルライン五合目  

歩行時間 9時間25分
歩行距離 13.3キロ 
歩数    30000歩


次回は 山小屋で仮眠をとり

ご来光様を眺めに

リベンジしたいと思います☆

8/17


「スポンサードリンク」


Menu

スポンサードリンク

プロフィール

みゆきちゃん

Author:みゆきちゃん
山登りに魅了された アラフォー女子の
Blogです。。。

カスタム検索


広告



おきてがみ




コメント欄に書けない事等
気軽な連絡用にお使い下さい♪

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブログ検索


W3C CSS

SEO Stats

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。